−追記−主人が飲んだ感想。で!今回もクーポン利用で30%Off1343円となっていたので早速購入しました。うちの娘と同じ名前なので、GETしたかった。

こ、これですっ♪

2017年01月10日 ランキング上位商品↑

プレゼントちらんほたる25度1800ml いも焼酎【知覧醸造】(芋焼酎 いも焼酎 イモ焼酎 ギフト 芋 内祝い 誕生日 贈答 還暦祝い 手土産 焼酎 プレゼント 還暦 お

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

◎これはおいしいです。見た目は良かったです。 5.魔界のXO「ど黒」 以前購入したのですが息子に取られ 味見せず終わったので再度購入。安いのに美味しい商品です。この商品を買うことで!少しの寄付のお手伝いが出来るのも嬉しいことです。お手頃な価格でとても美味しい焼酎です。ほたるという名とは思えない!しっかりした芋焼酎ですね。今回、クーポン利用で30%オフの商品の中から選んでみました。おもしろいです。楽しみです♪期待を込めて★4つとします。主人曰く!お値段の割に美味しいとのこと。注文番号:クーポン利用で30%とのことでしたので主人用とお正月用に!まだ飲んだことがない5種類をチョイスし購入してみました。味わううちに、知覧特攻平和会館で見た特攻隊員の辞世の句「野畔(あぜ)の草 召し出されて 桜哉」が思い出されました。口に含んだ瞬間は、ひんやり感がして甘さを感じていましたが、その後さっぱり系の辛みに変わりました。訪れたのは、もう十年以上も前になりますが、頭のどこかに記憶していたのでしょう。味については後ほど。我が家には焼酎のストックがいっぱいあるのですがほとんどがロック用の焼酎でお湯割りで美味しい焼酎があまりありません。3.「甑(そ)州」は!2本購入 お気に入りの一つです。注文番号:前回クーポン利用で30%Off1343円で購入。ラベルデザインを知覧特攻の母トメさんのお孫さんが手がけている事で「さくら」にちなんでチョイスしました。今回は2種類、新しいモノを購入。 4.「ちらんほたる」 お気に入りの一つです。◎前田利右衛門:クセがなくスッキリしたなかに!芳醇な香りとふくらみのあるまろやで上品な口当たり。知覧ほたる 特攻隊で有名な知覧に目が止まり、売り上げの一部は知覧町特攻英霊顕彰会に寄付されるという焼酎を味わってみました。美味しいし飲みやすかったと大好評でした!焼酎が飲めるようになったら自分用にも購入したいです☆今回!ネットで初めて見つけ購入。 2.【2016年新焼酎】無濾過 黒伊佐錦 今回初めての購入です。2回目以降:以外にも飲む度にはまっていって美味しいと満足しています。誰しもが戦争には反対です。本当に飲みやすく!円やかで美味しかったです。次回は湯割りで試してみます。ひご屋さんの焼酎はいつも安心して購入できます。◎こちらもおいしいです。次にはロックで戴きました。友人からの評判もかなり好評でした。やはりロックの方が美味しかったです。◎さつまの恵み:フルーティな香りに、上品な甘さの幅のある味わい。芋初心者でも呑みやすいテイストです。香りも味も癖が無く美味しく飲めます。最初は常温で戴きましたが!多少重たい感じが残りました。割り水でレンジでチンして飲んでいます。お湯割りでもロックでも美味しいです。まだ、飲んでませんが、旦那が芋派なので、これから、味見です。これは絶対リピですね。◎甑州(そしゅう):「佐藤」に匹敵するのだとか。それから、会館の入り口に建つ「夢たがい観音」、隊員が出撃まで過ごした三角兵舎などが次々と脳裏に浮かびました。口に含んだ瞬間甘味も感じられ非常に飲みやすい口当たりです。私的には水割りがいい・・・。知覧という綺麗な場所で丁寧に作られているのだと思います。味については後ほど。価格が安いのもとっても魅力。◎赤利右衛門:芋の旨味を感じることの出来る濃醇な味わい。その中で割り水にして美味しかった数少ない焼酎でした。内祝いで焼酎好きの親戚に送りました。飲みやすく、すっきりとした、奥深い味です。味はまだ飲んでいないので解りません。個人的にはパンチの効いた味が好きなので味的に4つ星です。 はじめは外見からみて「う〜ん、あまり・・・」だったのですが 飲んでいくうちに以外とうまい!とのことでした。「ほたる」は恒久平和の思いが詰まった味です。ある方から商品の紹介を受けて!購入したのが始まりです。◎ちらんほたる:口当たりはやわらかく心地よい余韻が残るとても飲みやすい。ラベルも良いし、味も良いし。注文番号:お酒が飲めない私が!主人に代わって毎回いろいろチョイスしながら購入してます。1.【2016年仕込み一発】八千代伝 青箔ラベル 今回初めての購入です。合掌。有名になって欲しくない・・・なんて勝手に思っています。叔父も気に入って、大変喜んでいます。1回目:かなり辛口に感じ!あまり好みではないかなと。この価格でこの美味さは誰もが納得しますよ。どれもはじめてなので味の感想は改めて書き込みます。口当たりはかなりさっぱり系です。辞世の句は!学徒出陣の隊員で「桜などならずに!ずっと雑草でいたかった」の気持ちだと受け止めています。